2012年11月26日

腕時計修理、オーバーホール専門店「クラフトシップ」のご紹介



良い時計修理とは・・・、

当然のことですが、"ネジを締める力の 入れ方一つ"で、機械に歪みが出てしまいます。
結果として精度・耐久性に差が出て来ます。

「クラフトシップ」の職人は 、この道30年のプロ中のプロです。

このお店はカメラや、他、精密機器 、何でも直してしまうので、実店舗にはいろいろ持ち込まれてくるそうです。(時計修理に支障がでるので親しい方以外はお断りしているみたいですけどね。)

しかし、いくら優秀な技術者がいても、専用工具・専用治具を使わなければ 、精度の高い作業は不可能というもの。
 
大工さんが鋸を使わず木材を切る でしょうか?
金槌を使わずに釘を打つでしょうか?
 
やはり専用工具を使わなければ、部品を痛めたり、専用治具を使わないで組み立てると、
機械に僅かな歪みが発生します。

結果として、時計の精度や寿命に悪影響が出て来ます。

また、輸入時計の純正部品は、通常のルートでは入手出来ない場合があり、
一部の輸入元に認められた技術者しか 入手出来ない部品もあるのです。

きっちりと部品を入手できるかどうかも、大きなファクターになって来ています。

 〜上記の条件を満たした技術者に、時計修理を任せるべきかと思います。 〜

 
どこに頼む?
あなたは、自分の大切な時計が壊れてしまったら 、どこにお願いしますか?
ロレックスやオメガなど ・・・メーカー修理部門ですか?
それとも、小売店??

まず、メーカーですが当然、その時計をつくったところですから、部品は古くなければ、まず問題はありません。但し、時計修理に関しては、状態の疑わしい部品はどうも全て交換してしまっているようです ・・・。
結果的に、割高な時計修理料金になってしまう原因です。

デパートのや小売店の場合、簡単な電池交換やバンド交換は、比較的、その場でやっていますが、修理については外注にまわしている場合が、殆どです。
そうすると、お客様と現場の距離が出来てしまい、時計修理の希望や内容が伝わりにくくなったりします。
また、どうしても時計のプロではない人たちが 、接客だけで介在しますので、何かチグハグなものを感じる場合もあるでしょう。

時計修理専門店はプロです。
様々な時計の修理を数多く手掛けてきているので、技術的には凄く安心です。
職人の技で使える部品は調整・修復して、なるべく使っていきますので、無駄な費用をかけません。ですからメーカーよりも時計修理代が割安になります。

ノウハウが豊富で技術が高いことはもちろん、これまでの実績
「オーバーホール料金の安さ」と「オプションサービスの充実」
まさに信頼と安心を感じる「時計修理クラフトシップ」おすすめです。


時計修理、オーバーホールのご依頼は画像をクリック↓↓


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。